本文へスキップ

65年の実績

電話でのお問い合わせはTEL.043-261-2719

〒260-0807 千葉県千葉市中央区松ヶ丘町611

行事 & 活動   




千葉市科学館での園外保育(年長)

11月2日()に、Qiball(きぼーる)の8〜10階にある千葉市科学館へ園外保育に行ってきました。視覚・音・光・数などの不思議、地球や宇宙、そして自然や昆虫などの展示を見学しました。その後、1000万個を超えるリアルな星空を演出するハイブリット・プラネタリウムで臨場感たっぷりで大迫力の映像を見ました。「わあ〜すごい!」「楽しい!」などの子どもたちの声が飛び交い大興奮。素敵な笑顔もたくさん見られ、思い出に残る園外保育となりました。





年長さんのいきいきプラザ交流会

10月31日()に、松ヶ丘市民センターの隣にある「いきいきプラザ」に年長児が行って交流会を行いました。たくさんのお年寄りの前で、元気に体操、歌、ハーモニカを披露しました。おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に歌ってくださり、たくさんの拍手ももらいました。また、最後に年長児が手作りしたプレゼントを贈呈すると、みなさん大感激されていました。地域のお年寄りと楽しく交流したすてきな活動となりました。











年中児の保育・体育参観

年中児の保育・体育参観を11月6日()に開催しました。保育室で、まず、いろいろな歌を元気に歌い、次に「山の音楽家」などの遊戯をしました。そして、いろいろな生活遊びを楽しく行いました。その後は園庭で大輔先生の体育で、いろいろな綱引き遊びとデカパンレースを実施しました。おうちの方に頑張っているところを見てもらおうと、みんなとても張り切って行っていました。秋晴れの下、夢中になって活動する子どもたちの姿がとても印象的でした。ご多用の中、来園いただきありがとうございました。







年少児の保育・体育参観

10月23日()に年少児の保育・体育参観を開催しました。保育室で元気にいろいろな歌を歌ったり、漢字の勉強をしたりしてから、手作りのマラカスで「おもちゃのチャチャチャ」の遊戯を楽しく行いました。その後、園庭に出て大輔先生の指導による体育で、いろいろなかけっこ遊びと、玉入れを夢中になって行いました。おうちの方が来られているということで、どの子もいつもよりも一生懸命に頑張っていました。お忙しい中、来園いただきありがとうございました。










お芋掘り

雨が降ってなかなか行くことができない学年もありましたが、子どもたちの願いがかなって10月下旬に全学年が無事に行くことができました。昨年度に引き続いて今年度も、小倉町にある「JA千葉みらい農産物直売所しょいかーご 」でお芋掘りをしました。「先生見て!大きいよ!」などと大声を出しながら、一生懸命に掘って楽しんでいる子どもたちがたくさんいました。集合写真の撮影では、大きなお芋を誇らし気に抱えた子どもたちの姿がとても印象的でした。










おじいちゃん、おばあちゃん大集合! 祖父母参観

10月18日()に祖父母参観を開催しました。大好きなおじいちゃん、おばあちゃんの来園に子どもたちは大興奮! 学年ごとに企画したいろいろな活動でも、どの子もとても張り切っていました。また、お孫さんと一緒に楽しく活動される姿がとても微笑ましかったです。
ご多用の中、たくさんの祖父母の皆さんにご来園いただき、ありがとうございました。おかげさまで、思い出に残る楽しい行事とすることができました。












運動会、大成功! みんなよく頑張りました!

10月8日()に運動会を開催しました。7日()に開催を予定していましたが、雨のために1日延期して翌日に開催しました。保護者をはじめ、たくさんの方々にご来園をいただき、ありがとうございました。
皆さんの温かいご声援に応えるように、子どもたちは本当によく頑張りました。最後にもらったメダルを誇らし気に掲げる子どもの姿がとても印象的でした。
運動会の準備や運営等にあたり、父母の会役員をはじめ、お手伝いの皆様、献身的にご協力をいただき本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。








ユネスココーナーを設営!

玄関を入ってすぐ左側の掲示板に、ユネスココーナーを設営しましたので、ぜひご覧ください。6月29日に開催した「スリランカの集い(ユネスコスクール)」で、国際交流・文化交流をしました。本園ではこれを機会にユネスコ教育にも力を入れています。日本の自然・伝統・文化等を大切にし、そして、日本人はもちろん、海外の人とも、いつでもどこでも誰とでも仲良くできる子どもの育成を目指しています。
コーナーには、ユネスコが力を入れている「書きそんじハガキ キャンペーン」に関する資料や回収箱も設置いています。世界には戦争や貧困などの様々な理由で、学校に行けない子どもたちが5,800万人もいますし、その6人に1人といわれる読み書きができません。このような教育の機会に恵まれない子どもたちを救うために、「書きそんじハガキ」の回収をしています。書きそんじハガキ11枚で途上国も子どもがひと月、学校に通うことができますので、ご協力をお願いします。
また、「スリランカの集い」で、素晴らしい踊りや歌を披露してくれたスリランカ舞踊団の方々からの感謝の寄せ書きも、コーナーに日本語訳と一緒に掲示していますので、ぜひご覧ください。






〜ミュージックプロムナード(アルプス音楽団がやってきた!)

96()、アルプス音楽団を招いてミュージックプロムナード(千葉市文化振興財団主催)を開催しました。アルプスの民族衣装を身に着けた音楽団が、トロンボーンやアコーディオン、そしてヨーデルを奏でながら登場すると、子どもたちは大興奮。次々に演奏されるアルプスの音楽に子どもたちも魅了されていました。また、長さ約3mもある木製の楽器のアルプホルン、牛の首に付ける鈴のクーグロッケンなどの珍しいアルプスの楽器演奏も楽しく聞き入っていました。お礼に園歌とさんぽ(となりのトトロの歌)を元気に歌いました。素敵なアルプスの音楽を堪能したコンサートでした。







みんな元気に2学期スタート!

91()、長い夏休みが終わり、子どもたちのニコニコした顔と元気な声が幼稚園に戻ってきました。久しぶりに登園し、久々に会った先生や友達に子どもたちのテンションは上がりっぱなし。逆にお母さんからなかなか離れられず、ぐずる子も数人いました。10時15分からはホールで、みんなで2学期の始業式を行いました。いろいろなお話を聞いて、元気に歌も歌いました。夏休み明けの幼稚園はやる気に満ちあふれています。










小学1年生 親子同窓会 「ひまわり会」

卒園式から4ヶ月。すっかり小学校生活に慣れ、お兄さんお姉さんになった皆の成長がとっても嬉しく感じた同窓会!!
「頑張っていること」の発表では「勉強」「体育」「全部」と頼もしい一言が聞けました♪園庭で遊ぶ姿はパワフルで、一緒に汗を流してサッカーやドッチボールをした事を思い出し、とても懐かしく感じました。
またいつでも遊びに来てくださいね(#^.^#)










































終業式 いよいよ夏休み!

夏休み直前の7月14日()に終業式を行いました。園長先生と久美先生が、夏休みの安全で楽しい過ごし方について具体的に話をしました。子どもたちは、楽しいこと一杯の夏休みに胸を大きく膨らませたようです。
終業式の最後には、大きな声で学年ごとに歌を披露しました。










年長さんの宿泊保育

77()の夏祭りと一緒に、年長さんが宿泊保育を行いました。夏祭りで活躍して疲れたのか、夜はほとんどの子がホールの布団ですぐに寝てしまいました。翌日は早起きして、みんなで幼稚園の近所を散歩し、理事長先生が育てたミニトマトを収穫しました。そして、先生方が作ってくれた朝食を、みんなニコニコしながらおいしく食べました。収穫したミニトマトも朝食で一緒に食べました。家の以外で初めて宿泊した子どももたくさんいたようですが、とても貴重な体験をしたと思います。














































ひまわり夏祭り

恒例の夏祭りを77()に地域あげて開催しました。たくさんの方に来園していただき、盛大に終えることができました。ひまわりカレー、かき氷などのおいしい食べ物の屋台をはじめ、威勢の良いお神輿、たいまつを持った火の女神の登場、大きく燃えがったファイヤー、迫力ある太鼓と盛大な盆踊り、そして美しい花火大会など・・・・・・・・
園児も保護者も先生方も、みんな笑顔一杯の夏祭りとなりました。ご協力、ありがとうございました。










スリランカの集い   〜ユネスコスクール〜

「創立65周年」ならび「認定こども園開園」の記念事業の一環として、千葉ユネスコ協会及びスリランカ支援団体「コスモス奨学金」のお力添えで、「スリランカ舞踊団」を招いて、6月29日()に「スリランカの集い(ユネスコスクール)」を開催しました。全園児が元気にスリランカの言葉で「アーユボーワン」(長生きできますようにという意味)と挨拶して、民族衣装に身を包んだスリランカ舞踊団の一行を出迎えました。そして、ユネスコやスリランカについての話を聞き、民族衣装のサリーを着た未悠先生(虹組担任)、侑子先生(預かり担当)、直井さん(父母の会副会長)が、サプライズで登場すると大歓声が響きました。次に、園庭の特設ステージで、舞踊団が華やかなスリランカの踊りや歌を披露して会場を盛り上げました。初めて見る光景に園児たちは興味津々。お返しに園児たちがアンパンマン音頭や千葉おどりなどを発表すると、スリランカの人たちも一緒に踊りはじめ、言葉は通じなくても音楽や文化で通じ合うことができました。最後は、感謝の気持ちを込めて、手作りのプレゼントを贈呈しました。その後の昼食も、スリランカの方々と一緒に保育室で楽しく食べました。充実した素晴らしい文化交流や国際親善ができたと思います。
小さいうちからほかの国の文化に触れることで日本人はもちろん、海外の人とも、いつでもどこでも誰とでも仲良くできると感じました。当日の様子は千葉テレビやジェイコムでも放映されました。




千葉テレビ ヤフーニュース















盛大に開催されたメモリアル「ひまわりフェスタ」

6月24日()、晴天のもと、たくさんの方々にご来園をいただき、「ひまわりフェスタ」を盛大に開催しました。特に今年度は、「創立65周年」、そして「認定こども園開園」のメモリアルイヤーにあたり、その記念事業の一環として、特別に「お祝いの会」のセレモニーをフェスタの中で行いました。セレモニーでは、千葉市未来局長の山田啓志様から、認定こども園の「認定書」を授与していただきました。そして、塩田の里名誉園長によるお祝いのくす玉割り、フラダンスインストラクターのプア・リリア・YUKOさんによるお祝いのフラダンスのミニショーなどを行いました。最後は、お花のプレゼント争奪「大じゃんけん大会」と、参加賞(竹とんぼ、テニスボール)の配布を行って、大いに盛り上げることができました。おかげさまで、メモリアルイヤーにふさわしい「ひまわりフェスタ」とすることができました。準備や運営のために献身的にご協力いただきました父母の会の役員の方々、地域の皆様、淑徳大学のボランティアの方々、関係者の皆様、本当にありがとうございました。










千葉ポートタワー    〜園外保育(年長)〜

6月22日()、年長児が園外保育で園バスに乗って「千葉ポートタワー!」に行きました。126mもの高さのあるポートタワーですが、展望階に上がると、子どもたちは「高い!高い!こわいよ〜」「人がアリのように小さいよ!」と大興奮。展望階からは千葉港や東京湾が一望でき、天気にも恵まれていたので、スカイツリーや東京湾アクアラインもはっきり見えました。見学の後は、ポートパークに移動して、みんなでパラバルーンで遊び、その後、おいしいお弁当タイム。とても楽しい園外保育でした!













   










人形劇団「紙ふうせん」

6月13日に人形劇団「紙ふうせん」が来園しました。
「人形劇って何だろうね〜」と始まる前からとっても楽しみにしていた子ども達。
今回は「おさんぽあおむし」、音楽劇「まる・さんかく・しかく」の2作品を見ました。
「おさんぽあおむし」では様々な食べ物が出てきました。次々出てくる食べ物に「次は何だろう?」とわくわくしながら見ていました。
音楽劇では、子ども達が知っている動揺の音楽に合わせて行われました。お話の間に出てくる「まる・さんかく・しかく」に次も出てきた!!と大喜びでした。
最後はみんなで散歩を合唱し、人形劇を楽しみました。









パパと楽しく遊んだ!  〜パパと幼稚園(年少)〜

可愛い年少さんの「パパと幼稚園」を5月27日(土曜)に開催しました。この日は天気に恵まれ、絶好の「パパと幼稚園」日和でした。園庭では動物になってのレースや大きな魚を池から落とさなようにおうちの方と協力して運ぶ競技を、みんな夢中になって行いました。また、室内では、自分だけの魚を作って楽しく魚釣りで遊びました。たくさんの笑顔が見られた1日でした。お忙しい中ご参加をいただき、ありがとうございました。







ジェイコムのテレビ放送

ジェイコム(ケーブルテレビ)のテレビ放送の収録を、5月18日に年長児が行いました。ジェイコムのキャラクターのZAQ(ザック)と一緒に、「ざっくぅ 体操」をクラスごとに披露して収録しました。キャラクターのZAQは、マシュマロのように白っぽくてフワフワと柔らかくて、とてもかわいいと、子どもたちに大人気でした。当日の様子は、虹組が6月2日と9日に放映されました。光組の放映日時については、後日お知らせします。












走って、遊んで、作っちゃおう!  〜パパと幼稚園(年中)〜

チーム対抗、天国と地獄ゲーム!!くじに従って、抱っこをして走ったり、手を繋いで走ったり…。
親子で触れ合いを楽しみながら沢山体を動かしました。“8ぐるま”と“ストロー飛行機”の製作では、子ども達と
一緒にお家の方も真剣な眼差しでチョキチョキ、カキカキ!!世界に一つだけの素敵な玩具ができましたね♪








親子でマザー牧場へ!  〜親子遠足(年長)〜

5月12日に、親子でマザー牧場へ!!年長になって初めての遠足です。
広場では、親子で一緒に“触れ合いゲーム”やペットボトルの帽子を被って“プカプカボール運びレース”をしたり、
身体を沢山動かしました。
シープショーでは、普段なかなか見ることの出来ない羊の毛刈りを見ることが出来ました。親子で楽しい時間を過ごすことが出来たのではないでしょうか(#^.^#)








大興奮!「チーバくんと遊ぼう」

5月2日(火)に全園児で「チーバくんと遊ぼう」を行いました。「チーバくん」は千葉県のマスコットキャラクターで、横から見ると千葉県の形をしています。チーバくんの登場に全園児が大興奮するほどの大人気。チーバくんと一緒に、ニコニコ顔でのクラス集合写真の撮影。そして、「はとぽっぽ体操」やクイズも楽しく行いました。先生の代表として未悠先生がプレゼント争奪の巨大な「だるま落としゲーム」を行い、またまた大興奮。どの子も大満足の楽しい行事でした。最後の握手会では、抱きつ子も続出し、みんな別れを惜しんできました。














パパと元気一杯に楽しく遊んだ!  〜パパと幼稚園(年長)〜

年長さんの「パパと幼稚園」を4月22日(土)に開催しました。園庭で準備運動を兼ねて3ライト体操を楽しく行った後、お父さんと一緒にデカパンレースを行いました。大きなパンツを親子ではいて、どの親子も息を合わせながら夢中になって走りました。その後、ホールでお父さんと「ロケットびゅーん」の製作に熱心に取り組みました。天気にも恵まれ、みんな笑顔一杯でとても満足した様子でした。お忙しい中ご参加をいただき、ありがとうございました。



  

ご入園おめでとうございます!  〜入園式〜

ご入園、誠におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。4月11日(火)の入園式では、年少児35名、年中児7名、年長児2名、計44名の可愛く初々しい新入園児を迎えることができました。みんな初めは少し緊張した様子でしたが、手遊びや年長児からのお祝いの歌などで、気持ちもほぐれたようです。そして、どの子も期待と希望に大きく胸をふくらませているようでした。その子どもたちの気持ちを大切にしながら、一人ひとりのよさと可能性を大いに伸ばせるよう、職員一同努力したいと思います。今後ともよろしくお願します。入園式の後はクラスごとに分かれて、各担任から園生活についての説明や連絡等も行いました。家庭と幼稚園で連携しながら子どもたちを育てたいと考えていますので、不明な点や相談などがありましたら、遠慮なく連絡をしてください。

































 

交通安全運動を推進するひまわり幼稚園!

本園は園児の交通安全指導に力を入れるとともに、警察が推進している交通安全運動にも積極的に協力をしています。春の全国交通安全運動の一環で、4月8日()と4月10日()にイベントが開催され、年長児が参加して好評を博しました。各種の新聞等でも紹介されました。




(1)交通安全運動フェスティバル!

千葉中央警察署の主催で、4月8日()にアリオ蘇我で開催されました。一日署長に任命された年長児(約35名)が、交通安全のダンスを披露するとともに、高齢者に交通安全お守りと反射材をプレゼントして、交通事故への注意を呼びかけました。たくさんの拍手をもらいました。
 

(2)交通安全運動キャンペーン
4月10日()にアリオ蘇我イベント広場で開催され、年長児33名が参加しました。船橋市出身でCMソング等でおなじみのシンガーソングライター、奥華子さんが一日署長に任命され、奥さんが作詞作曲をした「3・ライト運動の歌」を披露し、それに合わせて年長児が元気にダンスを踊り、大好評でした。














 

みんな元気にスタート! 〜始業式〜
始業式を4月7日()に年中児と年長児で行いました。久しぶりに登園した子ども達は、どの子も朝からとてもニコニコ顔でした。園長先生から始業式と進級の意味を教わり、担任の先生の発表もあって、子ども達の顔はやる気で溢れていました。また、新職員の松本侑子先生の紹介もあり、みんな興味津々でした。新鮮な気持ちとやる気一杯の中で、新年度のスタートを切ることができました。


shop info店舗情報

学校法人 塩田学園
認定こども園
ひまわり幼稚園   

〒260-0807  
千葉県千葉市中央区
   松ヶ丘町611
TEL.043-261-2719
FAX.043-261-8886













↑「今月の献立」「今日の献立」
の佐倉工場のページをご覧ください。
写真で見ることができて、とても
便利です♪